2005年05月05日

クーフーリン ☆3

クーフーリンというケルトの英雄を調べることにした。
とにかくナントに行けと言われたので行くことにした。
ナントに行ったら、ロンドンの書庫へを調べてみたらどうだい、と言われた。
あんた何にも知らないジャン。
しぶしぶロンドンの書庫で調べると、学者からアイルランドに彼の墓が残っているという情報を得た。
早速アイルランド(ダブリン)へ向かった。
情報を集めると確かにこの島にクーフーリンの墓があり、不思議なことが起きているようだ。

posted by メロ at 21:59| Comment(0) | TrackBack(2) | メロの冒険記 ☆3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

アイルランド
Excerpt: アイルランドアイルランド または、アイルランド共和国 は、大西洋|北大西洋のアイルランド島に置かれた立憲共和制の国家である。憲法では島の全土の領有権を主張しているが、北東部は「北アイルランド」と呼ばれ..
Weblog: アイルランド-Search
Tracked: 2005-05-15 14:25

フーリン
Excerpt: クー・フーリン 英名: Ch Chulainn = ケルト神話の英雄。幼名はセタンタ。クーリン邸の番犬を一人で倒してしまった事から、以後クー・フーリンと呼ばれる。「影の国」で、スカア..
Weblog: 珍名馬券写真集
Tracked: 2005-05-22 10:22
大航海時代Online ワールドガイド 大航海時代Online オフィシャルガイド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。